群馬県立渡良瀬特別支援学校
〒379-2313 群馬県みどり市笠懸町鹿2812 TEL:0277-76-7321 FAX:0277-76-0559 MAIL watatoku-snes@edu-g.gsn.ed.jp
 
 
 

遊びの指導

             「泡遊びをしよう」

小学部1,2年生の遊びの指導の時間に、6月末と9月初めの1時間ずつ、2時間計画で行いました。泡の感触を全身で楽しんだり、ペアの友達や先生と関わりながら遊んだりすることをねらっています。また、モコモコの泡を作る道具やシャボン玉の道具、滑り台などを用意したので、それらを共有しながら遊ぶこともできたら…と思い、場を設定しました。泡をふんだんに用意したかいもあり、子どもたちは全身で楽しむことができました。

 

  「手作り滑り台、泡でよく滑る~!」            「泡でよく滑るけど、怖くはないよ!仲良く滑ろう。」

            

                      「シャボン玉、この泡で作ってみよう…。」
                              

               
「ボウルと泡だて器を使って、シャカシャカシャカシャカ…。お料理してるみたい。」

                
  


                                                         「お友達にもつけてみよう。 やさしく、やさしく…。」
                                       
                           

                
          「友達と泡づくり…。あ、顔についちゃった!」       「体中泡だから、滑って楽しい♪」  
                 

       
 

生活単元学習

 黄色グループのあるクラスで、クラスの畑でポップコーンを育てることにしました。

 

 

 515日、発芽したばかりのポップコーン

 520日、手のひらぐらいになりました。

 


 5月
28日、根を傷めないように、はさみを使って間引き。



 63日、50センチを超えました。

 


 617日、80センチを超えました。


 711日、手を伸ばしても葉っぱには届きません。

 


 717日、実がなりはじめました。

 

 

生活単元学習


野菜を育てよう

 生活単元学習では、5月から畑で野菜を育ててきました。苗植えからはじめ、毎日水やりをし、大切に育ててきました。おかげで野菜もすくすく成長し、収穫した野菜は小学部の先生にプレゼントをしました。

 

 収穫した野菜は、子どもたち自身も食べました。自分たちで育てたということもあり、「おいしい!!」喜びを味わいながら食べることを楽しんでいました。

  

 収穫期間も終わりに近づいてきたので、みんなで畑をきれいにし、野菜に感謝の気持ちを伝えることができました。

 


 

遊びの学習

【遊びの指導】 スヌーズレン ~光と音の世界~

「スヌーズレン」とは造語で、「においをかぐ」「くつろぐ」などの意味を持ち、探索とリラクゼーションを兼ね備えた活動です。本校のスヌーズレンは、本来のものをアレンジして、ブラックパネルシアターなどの活動を取り入れています。この授業では、暗幕を引いた暗い部屋を用意し、子どもたちが光や音、水、風などを五感を使って感じつつ、心身の緊張をほぐしてリラックスしたり、主体的に手を伸ばして動いたりすることを図りました。

 

パネルシアター「すいすいすいぞくかん♪」…ブラックパネルにブラックライト、蛍光塗料を活用しています。歌に合わせて、たくさんの海の生き物が登場。歌の最後は、みんなでパネルに魚を貼りました。「みんなのわたらせすいぞくかん」の完成です!


 暗い部屋の中で、それぞれが「光」を堪能しています。小型の光る玩具や、照明用光ファイバーをじっと見つめる子どもたち。

この後、スクリーンで映像を見つつ、五感を刺激。草むらに風の吹くシーンではうちわによる風を感じ、雨のシーンでは霧吹きによる雨が降ってきました!

 

国語(個別の学習)

  
    国語の時間は、それぞれ個別の課題を設定して学習しています。語彙を増やしたり、ひらがなや漢字を書く練習をしたり、それぞれの児童に応じて行っています。それぞれの児童が、集中して取り組む様子が見られます。
 
 

   クラスの友達や学年の先生の名前を言う学習です。写真カードを見ながら、教師の「これはだれですか。」の問いに、「○○先生」「○○ちゃん」などと答えています。

繰り返し練習することで、上手に発声できるようになってきました。
 

 

  ひらがなを書く学習です。最初に、教師が一画ずつ書き方を示し、視写をして練習します。その後で、自分でノートに練習しています。「ち、上手に書けたよ。」と、ノートに書いた字をうれしそうに見せてくれました。

 

 

  理由を説明する学習です。気持ちカードを参考にして、女の子の気持ちを考え、その状況を説明する文を、教師とやりとりしながら作っています。理由を表す「どうしてかというと、~だからです。」という文型をマスターして書いています。

 

 

生活単元学習


   「調理実習」
 調理実習で、白玉団子とオレンジゼリーを作りました。事前にみんなで相談して役割を決め、手順表を確認しながら、お互いに協力して作りました。暑くなって来た頃で、涼しそうなおいしいスイーツができました。 
  
 

「オレンジジュースを決められた分量鍋に入れて・・・。」

 他の子も興味津々で見守っています。

  

  

「手は猫の手で・・・。」

 ゼリーの中に入れる桃を切りました。

  

 「耳たぶの硬さってどのくらいかな?」

 白玉粉は豆腐と水を混ぜてよくこねます。

  
  

      

「まぁるく、まぁるく。真ん中をギュッと押す!」

みんなで協力して、たくさんの団子を作りました。