群馬県立渡良瀬特別支援学校
〒379-2313 群馬県みどり市笠懸町鹿2812 TEL:0277-76-7321 FAX:0277-76-0559 MAIL watatoku-snes@edu-g.gsn.ed.jp
 
 
 

カウンタ

あなたは448978番目の訪問者です。
(Since 2014年4月1日)

メニュー

トップページ
学校紹介校長室より小学部中学部高等部訪問教育給食室保健室地域支援同窓会生徒指導渡良瀬祭・学習発表会学校評価教員人事希望表明制度公募学習支援について
卒業後の生活への移行支援
~~ 『望む地域での生活』を送るために ~~

生徒の卒業後の目的として「自立」という言葉をよく使います。


この言葉は、ずいぶん便利な言葉で、いろいろな場面で使われます。

が、実際はどんな意味なのか、つきつめて考えてみることは少ないように思います。


漢字の意味にとらわれ「自分一人で立つこと」「一人だけで生活できる力のこと」と考えがちですが、間違いだと思います。


なぜなら、特別支援学校高等部を卒業した人も、

そうでない学校を卒業した人も、

本当に「自分一人だけで生計を立て」「一人だけできちんと生活できる」人は数少ないからです。


自立とは、(親から離れて、他人の中で)
「他人の力を上手に借りて生活していける」ことだと思います。


つまり、「自立している」「自立できる」とは、環境の整えられた学校生活から、まだまだバリアが多数存在する地域に出たときに、
「そこで生活していく本人の力や周囲の支援の環境がある」ということなのです。


そのために、保護者や学校が前もってできることは、本人が親から離れても、上手に他人の手を借りて生きていくために、「本人の力」と「本人を中心とした周囲の支援ネットワークの力」を養っておいてあげることだと思います。


「進路支援(指導)」とは、卒業後の行き先を決めるだけでなく、地域での豊かな生活ができるよう下準備をしておくことなのです。

ここでは、そうした地域生活への移行(=自立)のために役立つ情報をお届けします。

 
高等部 トップページへ
高等部 トップページへ